FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

いよいよ、今週木曜にtorne(トルネ)が発売される。
ネット通販では品薄が続く今が旬の周辺機器だ。

torne(トルネ)とは。。。
PS3が地上デジタルレコーダーに変身する周辺機器だ。
なによりポイントはXMBの操作体系にきびきびとした動作感だそうだ。
意外とできないことは記事されてないので触れておこう。

【できないこと】
1.タイムシフト不可

2.torneで録画中にtorneで番組視聴は不可
  ただし、テレビ側での番組視聴は可能

3.録画したデータの編集は不可
  CMカットももちろん不可

気になったところはこんなとこだ。
PS3はファーム次第でいろいろ機能追加できることだし
今できないことも将来できる可能性は大だ。

torneのために準備したものは以下のとおり。

1.外付けHDD
  これは多くの番組を録画して撮りだめしておくためのもの。
  HDDレコーダーでこの1.5TBも搭載したモデルを買うとそれなりの値段になるが
  外付けHDDだとこんなもの。リーズナブル。

HDD.png

2.USBハブ
  PS3本体にはUSBポートが2つしかないため、現状では1つしか開きポートがない。
  となると、torneで1つ使うため、外付けHDDをつなぐポートが足りない。
  そのために購入。

USB.png

3.電源タップ
  外付けHDDの電源もいるし、増やしておく。
  このタイプならACアダプタでも安心。

tap.png

ま、こんな感じでtorneを購入するためだけに
先行していろいろ買い物してしまった。

さて、実際の使用感はどうなんだろうか、楽しみだ。


スポンサーサイト



テーマ:PS3 - ジャンル:ゲーム
デモンズソウルがちまたで評判なので買ってみた。

どんなゲームか?
ちょっと印象を書いてみる。

基本3Dアクション、一応RPGか。
1-1 ボーレタリア王城をクリアするまでは、ホントに主人公は弱い。
生まれを兵士でキャラ作成したものの
接近戦闘は、テクニックが必要となるため
プレイしたての初心者ではたぶん1-1をクリアするのに
何時間もかかるだろう。

基本ヒットアンドウェイ、盾防御必須のこのゲーム。
相手の攻撃を盾で受けるだけでスタミナが削られるし
攻撃してもスタミナ消費、回転回避をしてもスタミナ消費、
ダッシュで逃げるのもスタミナ消費。
とにかく、なにかアクションするたびにスタミナ消費なのだ。

ちょっと敵に攻撃連射を受けると、盾も弾かれあっという間に即死。
爆発に巻き込まれても即死。
高いとこから落下しても即死。

とにかく即死、即死、即死。

このゲームは死にながら、罠や敵の癖を見切る、そんなゲームなのだ。

で、初心者にお勧めなのは、生まれ・貴族。
貴族は最初から魔法を覚えているため
遠距離から敵への攻撃が可能になる。
そのため、非常に安全に敵を狩ることができるのでお勧めだ。

ただ欠点もある。
それは、魔法は無限ではない、ということだ。
MPがあるため、MPがなくなれば魔法を使えないのは当たり前のこと。

貴族の場合は、はじめから「よい香りの指輪」を持っているため
即座に装備すべし。
これにより、MPがなくなったら、陰に潜み、放置すれば
MPを十分に回復させることができる。
自動MP回復ってのはなんていいアイテムなんでしょうな。
ただ、じわじわと回復するので、時間がかかるんだよな~。

で、1-1 ボーレタリア王城をクリアすれば
ようやくソウルを使用して、自キャラのパラメタをアップさせることができる。
このあたりが、モンハンとは違う成長システムだ。

筆者は、貴族でプレイしているため
下記のスキルを重点的に強化中。

・体力
・頑強
・知力
・魔力

なかなか面白いので是非プレイをお勧めする。

龍が如く3は先週にさっさとクリアし
サブイベントもたっぷり残った状態。。。
あんまし、サブイベントばっかり盛り込まれても困るよな。
肝心のメインストーリーをもっとふくらまして欲しいものだ。

けっきょく、近江連合がガチンコでまた登場するのかな~
と思いプレイするが、近江連合との抗争はなし。

なんだか不完全燃焼だ。


与那城を倒すと以下の武器が使用できるようになる。

・ヌンチャク
・トンファー
・カリスティック

で、体LV5のリガードが必須などと
某ファミ○の攻略に書いてあるが
そんなのあっても、連続攻撃ではリガードでは歯が立たない。。。
(もしかしたら、リガードの仕方が悪いのかもしれんが。。。)

でどうやってこの与那城のおっさんをやっつけるかだ。
与那城のおっさんはモーションの大きな技を繰り出すこと多数。
その大技を誘い出すために
与那城のおっさんと距離を置いて、クルクルと回るのだ。
で大技を繰り出したあとにすかさずドロップキック!!
これで与那城のおっさんはあえなくダウン。
余裕があれば、追い打ちをかけて△で踏みつければよい。
その繰り返しで体力を削りKOだ。

ま、それだけのこと。


本日、龍が如く3が発売になった。

前作は、龍が如く見参。
舞台設定は過去の時代劇、剣豪の世界だ。
宮本武蔵、佐々木小次郎だった。
ま、ナンバリングタイトルではなかったわけだ。

で本作はナンバリングタイトル。
PS3でできることを見参で味見していたかのようだ。

まだ2章が終わったとこだが
さっそく龍が如くの香りがプンプンしている。
初っぱなから、真島のおっさんだもんな~。

『桐生ちゃ~ん』

となれなれしく呼ばれるわけだ。
この真島と戦闘開始。
ま、戦闘に慣れろってことやね。
あっさり撃破。

これで1章が終わった。

で、プレイは快適か。。。というとこだ。
まず、HDDにインストールしないとゲームは始まらない。
幸いHDDは250GBに換装済みなもんだから
これくらい屁の突っ張りだ!

ロードが快適か。。。
そんなにロード快適か?
戦闘もシームレスに。。。なんてことになっているが
結局戦闘開始までに少し画面が止まるもんだから
シームレスはシームレスなんだが
単にそのまま待たされているだけのような気がする。

かといって、ロストオデッセイほどの戦闘待ちはないので
それでも快適なほうなんだろうな。
Xbox360と比べても仕方ないか。

とにかく、またこの極道の世界を味わえるのは
待ちわびた甲斐があったというものだ。

存分に楽しむぜ。


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 Execute!! DS and PSP and PS2 etc., All rights reserved.