FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP2000にCFWを導入するための準備を着々と進めているわけだが
さまざまなサイトを読み漁った結果
PSP1000のように1.50にダウングレードしてから
CFWを導入するのではない。
正確には、PSP2000は1.50カーネルでの動作はしないため
公式FWから直接PandoraセットからCFWを導入するということなのだ。

つまりは。。。
PSP2000へダウングレードするのではなく
CFW化するのである。

で、PSP2000からCFWを導入するにはいくつか方法があるが
いずれもPandoraセットは必須。
Pandoraセットとは

・"Magic Memory Stick"(通称、MMS)
・"JigKick Battery"

のことである。
筆者の【PSP Pandora's Battery を作成してみる その2】で
作成したPandoraセットがまず必要になるのだ。
で、MMSの内容次第で以下のさまざまなCFW or 公式FWを導入することができるのだ。

1.CFW3.60M33を導入する。(PSP2000専用)
  ⇒3.60 M33 for PSP Slim を利用する。

2.CFW3.71M33を導入する。(PSP1000、PSP2000兼用)
  ⇒Universal Unbricker v3(Despertar del Cementerio v3)を利用する。

サイトを調査した結果、項2の「Universal Unbricker v3」を導入するのが近道。
そして、現在最新の3.71であることから有用だと考える。
なにかあったときの復旧も楽そうだしね。

というわけで、まだPSP2000も買っていないのに
Universal Unbricker v3を導入し、MMSの内容を書き換えることにした。

。。。
。。


うむ、すんなり完了。
では、とりあえずちょっと使ってみよう。
動作しないことにはPSP2000購入しても無駄になるしね。

先で準備したMMS(Universal Unbricker v3で作成)、JigKick Batteryを利用して。。。
メニューが起動するか。。。

。。。
。。


よし、メニューが立ち上がりました。
このメニューからCFW3.71M33-2を導入可能なのね。
CFWのインストールはせずに(現在PSP1000は、すでにCFW3.71なのでね)
なにかあったときのために
「nand-dump.bin」を作成し、MMSに保存しておくことにする。
NANDのバックアップが正常に終了したということは
基本的にMMSとJigKick Batteryはちゃんと作成できているんでしょう。

これであとは、新型PSP2000を購入し
このCFW3.71用Pandoraセットを使用すれば
晴れてCFWの世界へ旅立つことができるのね。
とりあえず、ここまでで満足。

P.S SONY純正バッテリーをJigKick Batteryにして
   通常使用するバッテリーはどうしてるの?
   なんて思われるかもしれないが
   前に銀行さんで購入した中国製の大容量バッテリーがあるから
   今回の準備もできてるんですよ。

テーマ:PSP - ジャンル:ゲーム


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Execute!! DS and PSP and PS2 etc., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。